葬儀前の準備

ご葬儀を行うことも大変ですが、ご葬儀を行う為に必要な書類や手続きなども大変です。
横浜葬儀センターでは、そういった手続きの代行も行なっておりますのでご相談下さい

御親族への連絡

ご家族様がお亡くなりになった際、まず行うのがご親族(三親等が一般的)に連絡します。

  • 病院で亡くなった場合:担当医師より死亡診断書を受け取ります。
  • 自宅で亡くなった場合:医師の診断後、死亡診断書を受け取ります。
  • 病院・自宅以外で亡くなった場合:まず警察に連絡し、監察医が死体検案書を作成します。

葬儀社への連絡

ご親族様への連絡と同様に重要なのが葬儀業者への連絡です。
業者の選び方については葬儀業者の選び方についてをご参考にご覧下さい。
横浜葬儀センターでは24時間体制で対応しておりますので、ご相談ください。

ご遺体安置

寝台車にてお迎えに参りましたのち、安置所まで個人様をお連れ致します。
自宅に神棚がある場合は神棚封じ(死の穢れが神棚に入り込まないようにします)をします。
ご家族様のご都合によって、自宅にご遺体を安置できない場合は、ご相談下さい。

喪主の決定

葬儀前には必ず喪主を決定しておかなければなりません。
喪主は親族の代表といった存在ですので、参列者の方々に失礼のないよう、喪主を務める方は事前に準備を怠らないようにしましょう。

葬儀の手続き

ご家族がお亡くなりになった際、「死亡届」「火葬許可書」「埋葬許可書」などの書類が必要になります。事前にどのようなものが必要なのか知っておけば、スムーズに葬儀の準備を行えます。
各種手続きは横浜葬儀センターで代行致しますので、ご相談ください。

死亡届
人が死亡した場合、戸籍法に基づいて死亡届を提出する義務があります。
ご家族の死亡が確認されたると7日以内(国外で死亡したときは、その事実を知った日から3ヶ月以内)に届出なければなりません。
原則として親族か親族以外の同居者が届人となりますが、届人の印鑑があれば葬儀社が代行することが可能です。
火葬許可書
死亡届を提出した際に発行されます。
火葬の際にはこの火葬許可書を提示しなければなりません。
火葬の日時・場所が決まっていない場合は発行さませんので、ご注意下さい。
埋葬許可書
火葬後、火葬場で火葬許可書に日時と仮想済みであるとの証印をもらい、自動的に埋葬許可書となります。
埋葬許可書は寺墓地や霊園に遺骨を納める際に提出する書類ですので、紛失などされないようご注意下さい。
一般的に、火葬場から遺骨とともに渡されます。

お寺への連絡(仏式での場合)

故人の名前、死亡時間、享年、生年月日などを伝え、まずは枕経を依頼します。
枕経に来て頂いた際に、お通夜、葬儀、初七日の法要の打合せ をします。
枕経に備え、数珠を用意しておくのを忘れないようにしましょう。
※横浜葬儀センターではお寺のご紹介を致しております。お気軽にご相談下さい。